赤坂学院|医学部(歯学・薬学)専門少人数制の受験指導予備校

医学部(歯学・薬学)専門少人数制の受験指導予備校・赤坂学院

お電話でのお問合せ092-985-1648
合格実績

これまでの合格実績

合格実績(過去5年分)

2013年度 受験生   2名  医歯薬合格者2名  2/2で合格率100%
2014年度 受験生  11名  医歯薬合格者7名  7/11で合格率64%(1次合格者8/11)
2015年度 受験生    9名 医歯薬合格者6名  6/9で合格率67%
2016年度 受験生 5名 医歯薬合格者3名  3/5で合格率60%
2017年度 受験生 8名 医歯薬合格者6名  6/8で合格率75%
2018年度 更新中

産業医科大学医学部

3名

福岡大学薬学部

2名

久留米大学医学部

 5名

昭和薬科大学薬学部

1名

福岡大学医学部

8名

大阪薬科大学

2名

日本大学医学部

1名

崇城大学薬学部

1名

北里大学医学部

1名

岡山大学歯学部

 1名

東京女子医科大学

1名

福岡歯科大学

2名

帝京大学医学部

1名

日本歯科大学

1名

金沢医科大学

3名

鶴見大学歯学部

2名

兵庫医科大学

1名

九州大学理学部

1名

藤田保健衛生大学医学部

1名

九州大学工学部

1名

川崎医科大学

3名

東京理科大学理工学部

1名
   

上智大学理工学部

 1名
   

立命館大学生命科学

1名
   

立命館大学応用化学

1名
   

明治大学政治経済学部政治学科

1名
   

同志社大学法学部政治学科

1名

鹿児島大学保健学科

1名

関西学院大学法学部政治学科

1名

 

合格者の声

 

今回の受験で勉強法についての認識が変わりました。

私は二浪生だったのですが、今回の受験で勉強法についての認識が変わりました。特に数学です。先生は、ただ解いたり、わからないものを丸覚えしたりするのではなく、いろいろな問題と関連づけて考えなさいとおっしゃいました。初めはよく意味がわかっていなかったのですが、赤坂学院のオリジナル問題集を解き込み、演習やテストを受けていくにつれて理解できるようになりました。そして、一年前までは解けなかっただろう問題が、自分が過去解いた問題を組み合わせたものだと気づいたら楽に解けたということも何度もありました。今ではどの系統の問題なのかすぐに思いつけるほど「知識をつなげて考える」ことができるようになったと思います。これは医学部に入ってからもとても役立つと思います。

また、私は地域枠推薦で合格したのですが、そのためには面接練習が不可欠です。面接練習では医学知識を学んだ上での討論や集団面接を行い、そこで、各大学の傾向に合わせた助言もして下さいます。初めはついていけないことが多くて、沈黙している時間の方が多かったと思います。でも先生は、最初は全然話せない人でも練習すればいつの間にか話せるようになるものだとおっしゃいました。その言葉を信じて、できる限り積極的に発言することを心掛けました。入試直前に個別指導での面接練習もしていただきました。その甲斐あって、本番でも落ち着いて試験に臨めました。

先生方は受験のプロです。勉強法や助言は必ず合格への近道となります。たとえその時は理解できずとも、根気よく先生方のいうことを守り続けていれば、実感と共に理解できる日がきます。皆さんも合格に向けて、その日が来るまで精一杯頑張って下さい。

R さん(福岡大学医学部)

 
 

医学部受験は自己流の勉強法では限界があると思います。

私は高校時代は難しい問題にばかり挑戦して基礎をおろそかにしており、力を伸ばすことができませんでした。そのため、全ての受験大学を全落ちしたところからのスタートでした。赤坂学院では基礎から丁寧に指導していただき、自分では気づかなかった抜けている部分を埋めることができ、これらを応用する力を得て、難易度の高い問題にも対応できるようになりました。

医学部受験は自己流の勉強法では限界があると思います。赤坂学院の先生方は、些細な疑問にも丁寧に答えてくださり、さらに次のステップに進む指導を1人ひとりにあわせてして下さいます。私は一般入試で進学決定しましたが、各大学の傾向に合った面接・小論文対策なども1年間を通して親身にしていただきました。やる気さえあれば、きっと勉強の成果を実感できると思います。 周りの人への感謝を忘れず、自分を信じて頑張ってください。

Tさん(福岡大学医学部)

 
 

個人の成長の伸びの頂点が第一志望校の試験日にあうように指導していただきました。

医学部受験の豊富な情報に基づく、一人ひとりに合わせたカリキュラム及び指導をしっかりと行って下さること。個人の成長の伸びの頂点が第一志望の試験日に合うようにもっていく指導方法。具体的な面についてですが、個人的には最も役に立ったのは面接及び小論文の指導でした。

私の志望校ではこの二つが必須だったこともあるのですが、医療系専門の先生方に教えていただく、医学部独特の面接や書類指導、小論文指導への対応の仕方は学校とは比較にならないほど的確で役立ちました。他にもしっかりとした復習指導等、学校よりも頼れる効果的な場所でした。

Tさん (産業医科大学)

 
 

本番で実力が出せるように支え、指導して下さいました。

私は浪人の一年間を先生方にお世話になりました。
この一年間に力を入れてきたことは、先生方の指導に従い、解けない問題だけをまとめるなどして何度も繰り返し解いたことに尽きると思います。

先生方は受験に必要な知識を与えて下さるのはもちろんですが、私のようにあがり性の者でもちゃんと本番で実力が出せるように支え、指導して下さいました。先生方を信じて言われたことをこなして、努力していけば勝利の女神は微笑んで下さること間違いなしです。

Yさん(自治医科大学)

 
 

先生方のご指導を受け、苦手な科目・分野を克服することができました。

私は、昨年度は大手予備校に通いましたが、合格レベルに達することができませんでした。
今年度は赤坂学院で先生方のご指導を受け、最大の苦手科目であった英語・数学を克服することができました。

皆さんも自分の苦手な科目・分野から逃げず、先生方の冷静な分析を受けながら一からやり直すつもりで理解したことが自分のものになるよう、自己努力を怠らずがんばって下さい。

Sさん(久留米大学医学部)

 
 

先生方のご指導通りの勉強方法を実践することが合格への一番の近道だと思います。

私は絶対に自分の力で合格を手にしたのではありません。
こんな私を見守って下さった周りの先生方のお陰だと思います。

人の能力はそれぞれ多少の差はあるものの大学受験の内容など誰もがやればできる問題なのです。合否は限られた時間の中でどれだけの問題をこなすかにかかってきます。

たくさんの問題を要領良く身につけていく方法を一番良く知っているのは受験生ではありません。
たくさんの受験生を見てきた先生方です。先生方の言うことをきちんと聞いて、その通りの勉強方法を実践することが合格への一番の近道だと思います。あたりまえのことですが、私が大学に合格できたのは先生の言う通りの勉強をこころがけたからだと思っています。がんばって下さい。

Kさん(福岡大学医学部)

 
 

赤坂学院には兄姉、親戚が通い、全員が医学部に進学しています。

赤坂学院には兄姉、親戚が通い、全員が医学部に進学しています。

大手予備校と違い、少人数で授業が受けられるため、わからない時もその場で先生に質問できます。

先生は生徒のレベルを理解し(苦手分野など)、それに合わせて指導をして下さるため非常に内容の濃い指導が受けられます。週一回行われる数学のテストも何回も繰り返しおこなわれるので確実に実力がついてきました。また朝に一日の勉強予定を自分自身でたてるので自習時間も一人ひとりダラダラすることなく勉強することができました。赤坂学院で勉強できて大変よかったです。

Hさん(福岡大学医学部)

 
 

思考の過程を重視した赤坂学院の指導を受けられて本当に良かったです。

私が9ヶ月間という短期間で志望校に合格できたのは赤坂学院のお陰です。留学から帰国し、理科や数学を一からスタートさせました。
個別指導を通して全科目効率よく学べ、自分の弱点を改善できた事で試験でもリラックスして自分の力を発揮できました。
分からない事はすぐに質問をして解決し、忘れないように自分用のノートを作り、何度も同じ問題を解きこみました。

試験を受けてみて、基礎を固める事が合格への一番の近道だと実感しました。基礎があれば不思議と思考が繋がり難しい問題にも対応できるようになります。単に問題の答えを出すだけでなく、思考の過程を重視した赤坂学院の指導を受けられて本当に良かったです。

Rさん(日本大学医学部)

 
 

自分のペースで解きながら、誤りや時間配分の仕方など細やかな指導をいただきました。

私はセンター後に、直前の強化対策として数学に特化して受講しました。
ある程度の得点では確実性が保障されないので、個別指導による弱点補強を家族から勧められたからです。

個別でみていただいた利点は、自分のペースで解きながら誤りや時間配分の仕方など細やかな指導をいただけたことです。
ここでの授業の後も同様の内容を家で復習して、得点を確実にする方法を活かして実践に活用できました。
センターの得点が予想よりも伸びず足を引っ張ったのをカバーし、専門性の高い先生の細やかな御指導のお陰で合格でき感謝しています。

Yさん(短期受講生 九州大学工学部)